今すぐお金を借りたい方↓↓

 

ブラックでもお金借りたい方

延滞中や破産など問題なし

収入があれば融資可能↓

頑張るあなたを応援中

総量規制について

皆さんは総量規制という言葉を聞いたことがありますか?
消費者金融でお金を借りたり、クレジットカードを作ったりした経験がある方はご存知かもしれません。
総量規制とは一言で述べると個人の方は年収の3分の1までしか借入することができなくなったということです。
なぜこの総量規制ができたのかというと、この規制がない時代は自分の年収を超えた金額まで借りることが可能でした。しかしその結果、返済できなくなった人が多くなり金融庁が貸金業法を改正したとされています。

 

では年収が300万円の人なら100万円までしか借入ができなくなるのかと言うとそういうわけでもないのです。
この総量規制には除外と例外があります。ます、除外されるケースでは不動産や自動車の購入、高額療養費の貸付などがあります。これらは総量規制の対象とはなりません。

 

例外のケースは除外の場合と少し違っており注意が必要です。例外とはすでに年収の3分の1まで借入をしているけれどまだ借入をしたいという時にその年収を超えた金額を借入できるかどうか審査が行われる仕組みです。そして返済能力があると判断されれば借入が可能となります。

 

この例外に含まれるのが個人事業者に対する貸付や配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付、緊急の医療費の貸付などです。

 

医療費などの支払いを借り入れする際は規制対象外です。
ここをうまく利用して融資を受ける事が出来ます。

 

サラ金なら担当者が相談に乗ってくれます

総量規制対応済の街金

さくらキャッシュ
会田ファイナンス
サポートキャッシュ

 

街金と闇金は違うの??

街金融資担当者

「街金」と聞くと、なんとなく怖いイメージを抱かれる方も多いのではないでしょうか。繁華街の雑居ビルの中に店舗があり、怖めのお兄さん達が融資をしているのが街金だと思われているかもしれません。

 

実はこれは全くの間違いで街金とは中堅消費者金融のことであり決して違法業者ではありません。貸金業を営むために都道府県から認可を受けているきちんとした登録業者なので心配ありません。

 

それとは反対に闇金とは漢字の通りに闇に隠れて営業をしています。よって、貸金業の登録をしておらず違法な金利で貸付をしたり取り立てを行っています。

 

ただ、闇金の中には貸金業の登録をして街金に紛れ込んで違法な営業を行っているケースがあるので注意が必要です。

カードローンと消費者金融の違いは?

さて、次は銀行カードローンと消費者金融の違いについて説明をします。
銀行は普段から利用されており身近な存在だと思います。しかし、消費者金融はあまり馴染みがないかもしれません。
消費者金融で有名なのがアコムやプロミス、アイフルなどでよくテレビCMや電車広告で宣伝されています。
銀行と消費者金融の大きな違いは総量規制の有無です。
銀行は銀行法が適用されるため総量規制の対象外です。よって年収の3分の1を超えた金額を借入することが可能です。

 

その反対に消費者金融は貸金業法が適用されるため総量規制の対象となります。
さらに金利も銀行の法が最大14.5%とやや低めに設定されていますが、消費者金融では上限が18.0%となっています。

 

また、消費者金融の中には1ヶ月程度の無利息期間があるけれども銀行のカードローンにはありません。さらに審査のスピードに関しては銀行よりも消費者金融の方がスピーディーです。
銀行の中には14時までに申し込みをすると即日回答という広告を見かけますが、これは仮審査の回答だけであり本審査はそれ以降にされるので即日に融資を受けることは難しいことがほとんどです。

 

大手と中小の街金の違いは??

それでは皆さんがよくご存知のアコムやプロミスなどの大手の消費者金融と中小の消費者金融金融の違いについて説明をします。ここでは中小の消費者金融は街金と言われる金融機関です。
一般的に大手消費者金融金融はプロミス、アイフル、アコム、モビットです。きちんと法律に従ってた営業を行っており、全国に店舗を構えているのが特徴です。
そのため返済や借入の際も提携先のコンビニや銀行の ATMを利用できるので便利です。また困った時や相談したい時にもサポートしてくれる体制が整っているのも魅力です。最近では女性の利用者が増加していることも踏まえて女性専用のコールセンターもあります。

 

一方で中小の街金はあまり名前が知られていないことがほとんどです。街金も貸金業の登録を行い法律に従った営業をしていますが、稀に違法な貸付や取り立てをしている機関があります。加えて、大手ほど名前が知られていないため地域密着型の融資を行い、借入や返済の際も利用出来るATMは限られていたり、店舗で借入や返済をしなければいけないこともあります。
ただ、大手と違って審査が緩めになっているとされているので大手で審査が通らな方が利用するケースが目立ちます。

担当者のありなしで大きく違う??

サラ金担当者

中小の街金などが大手と1番違う所は担当のありなしです。
担当者がつく事によって、融資申込者の声をしっかりと聴いてくれます。

 

中小の街金の場合は、決裁権のある人が担当につく事が多くあります。

 

ですので、その担当者にしっかりと事情を説明する事で、本来なら審査に通らない人が融資を受ける事が可能になるのです。

 

大手などは担当がつく事はありません。
コンピューター審査しかしませんので、担当など不要なのです。

 

しかし独自で審査をしているような金融屋は違います。
最初から最後まで担当についてくれますので、返済が遅れそうな時や追加融資などを希望する時は相談にのってくれます。

 

無理な相談でも聞いてくれる事があるのが、この担当の有無です。
大手の人は話は聞いてくれますが、聞くだけで力にはなってくれません。
他社で断られた人などは、是非相談する事をおすすめします。

 

アコムで借りれなくなったら闇金で借りないといけない?

さて、「アコムで借りれなくなったら闇金で借りないといけない?」と疑問に思われる方も少なくありませんがその答えは「ノー」です。
大手消費者金融で借入が不可能だった場合は街金で申し込みすることをおすすめします。
上記でも述べたように、過去に金融事故を起こした経験がある方でも街金なら融資を受けれることも多々とあります。

 

なぜなら街金の審査方法は大手消費者金融と違って書類だけで判断せず、現在返済能力があるかどうかも視野に入れて審査を行ってくれるからです。

 

闇金は違法な貸付を行っています。

 

3日で1割の利息を取っている所も最近ではあるみたいです。

 

10日で1割と言うのがテレビなどで良く聞く事が多かったですが、この状態では返済する事が大変になりますね。

 

低所得でも融資を受けれる?

近年は経済状況が原因で低所得者の方もたくさんいます。
街金は基本的に毎月収入がり返済能力があると判断すれば融資を実行してくれます。
なぜなら年金生活の高齢者の方やアルバイトをしている大学生にも貸付を行っている街金もあるからです。
よって、低所得の方でも収入がある方なら申し込みすることは可能であると言えます。

 

年収60万円でもお金を借りれる所がありますので安心してください。
小さい街金は総量規制などの法律対象外にしている所もありますので、気になった方は相談が必要です。

ブラックでもお金を借りれる?

ブラックリストという言葉聞いたことがありませんか?ブラックリストというのは滞納したり延滞を繰り返したりした場合個人信用情報機関に金融事故を起こしたとして記録される仕組みのことです。

 

よって、金融事故を起こしてしまうと5年から10年程度はローンを組んだりクレジットカードを作ることが不可能になってしまいます。
それなら仕方ないと諦めて生活することができる人ならいいのですが、借入をしないと生活できない方もいらっしゃいます。

 

そのような方は銀行や大手の消費者金融で借入ができません。ならばどうするのかというと街金で融資を受けるのです。

 

街金は大手消費者金融で審査が通らなかった人でも審査を行い融資を行ってくることが多いです。
街金は大手と違って大々的に広告を出することは少ないため会社の知名度は低いかもしれませんがブラックリストの方にも手を差し伸べてくれる機関なのです。

 

おまとめローンについて

消費者金融を利用している方でA社で20万、B社で40万などと2社以上で借入をしており毎月の返済が負担に感じることもあります。
このような場合はできればこの2社の借入をまとめて1社で借り換えをした方が毎月の返済金額が減ります。これがおまとめローンです。

 

詳しくは⇒⇒こちらで解説しています。

小口金融って何??

生活を送っていると、どうしてもお給料日までにあと数万円足りない・・・・・なんてことがあることもあります。
そんな時に少額で借入が出来る金融機関があると便利ですよね。
そこで貸金業法で定められたのが小口金融という融資です。
無担保で無保証の場合なら50万円まで融資を実行することができるようになりました。
個人の方や零細企業の方が多く利用しています。

 

最近では1000円単位で借り入れが出来るようになっていますので、自分にあった借り方が出来ます。
支払いで23000円借りたいと言う時は23000円だけ振り込みをしてもらう事も出来ます。

 

小口金融と言うくらいなので。小口のみの融資を受ける事が出来ます。
こちらでは100万円を超えるような大口融資は受けれません。
借りやすい金額は10万円くらいまでです。

 

全国何処でも借りれるの?

街金というとそこの店舗へ出向かないと申し込みができないイメージを持たれているかもしれません。
確かに、地元密着型の営業を行っている街金も数多く存在しているのは確かです。
しかし、最近はインターネットの普及によりパソコンや携帯、スマートホンを利用して全国各地からでも借入ができるようになりました。
全国対応が可能になっている街金では必要書類は郵送だけでなく携帯やスマートホンのメールやアプリを使って送ることもできるようになっている会社もあるので全国どこに住んでいても借入ができるようになっているのです。
沖縄にいても、北海道にいても埼玉にいてもお金を借りる事は出来ます。

 

 

街金利用の口コミなど

35歳 男性 徳島県
私は父親と二人で自営業を営んでいました。男性用のオーダースーツなどを販売しており、以前に比べて客数は減少していましたが、それなりに生活を送っていました。
しかし、父親が心臓発作で急死してしまい私一人で店を切り盛りすることになりました。私はそれまで店の経営は父に一任していたので今後一人でやっていけるのかどうか不安でいっぱいでした。
ある時、父は銀行から1000万円近く借入をしていることが発覚しました。家族には内緒で借入をしており返済が延滞がちだったようで銀行から早急に全額支払いを求められるようになりました。

 

現在の自分に1000万円のお金を工面するのは不可能で、結局担保にしていた自宅兼店舗を債務整理として銀行に譲渡することになりました。

 

それから、私はアルバイトをして働くことになったのですが、給料が入るまでの期間の生活費が足りませんでした。債務整理をしているため銀行や消費者金融でお金を借りることは不可能だと思い、最後は友人に頼るしかないかと思っていました。

 

けれど、街金なら債務整理をしていても融資を受けれる場合があると知って早速電話で問い合わせをしてみました。
すると、現在仕事をしており収入があるならば借入ができると言われたので店舗へ行って手続きを行いました。とりあえず15万円の融資を受けることができたので一安心しました。
他人にお金を借りると迷惑をかけてしまうので街金を利用することができて本当によかったです。

 

34歳 女性 宮城県
私は30歳の時に結婚をして宮城県に引っ越しをしました。結婚して1年が経過した頃、夫が急に仕事を辞めて転職したいと言い出しました。その後しばらく非正規で働くことになりましたが、夫婦2人なので何とか生活はすることができました。

 

しかし、その頃から岡山県に住む夫の両親から電話が頻繁にかかってくるようになりました。夫の両親は年金暮らしをしていたのですが、支給額が少なく貯蓄もなかったようで生活に苦労をしていたようでした。
その電話は夫に毎月生活費を送って欲しいという内容の趣旨でした。夫はプライドが高く人に弱みを見せない性格で、自分の親にも見栄を張り生活費を送るようになりました。

 

私もパートをしていましたが、自分が学生の頃に借りていた奨学金の支払いもあったのでお金に全く余裕はありませんでした。

 

ある時、大学時代の同窓会が東京で行われることになり私も出席したいと思っていましが、生活が苦しいのに学生時代の仲間に会うために東京まで行くのは無理だから諦めようとしていました。
けれども、こんなことになったのも夫の両親が自分たちの老後のための準備をしていなかったが原因で、夫も自分の見栄のためだけに親に仕送りをしています。それにより私たちの生活が圧迫されていることになんだか腹が立って、どうして自分だけがこんな我慢しなければいけないのかと不満が募りました。同窓会くらい行っても責められることなんてないと思い、なんとかしてお金を工面することを考えました。

 

誰にもばれずに、少しでも早くお金を借りたいと思いインターネットで見つけた街金に申し込みをしました。少し不安でしたが、女性専用ダイヤルがあり丁寧に対応をしてくれたのでホッとしました。私はパートで収入もそれほど高くありませんが、審査に通り10万円を借り入れすることができました。
同窓会も楽しむことができたので、思いきって利用してみてよかったです。

管理人よりご案内

サイトをご覧頂きましてありがとうございます。
サイト内では金融広告の紹介を行っています。
サイト内で直接金銭のやりとりはございません。
あらかじめご了承下さい。返済などの相談は直接金融会社へお願いします。